寝る子は背が伸びる

必見!子供の身長を伸ばす方法。

小学校から中学校入学頃までは身長も高い方ではなくまた「痩せすぎ」の注意プリントを学校から持って帰ってくるわが子。好き嫌いも多く、食わず嫌いも。体重はずっと30㎏~40㎏台をうろうろ。

中学校に入る頃はさすがにこれはまずい!と心配する主人と私です、、

そんなわが子が17歳・高校3年生で身長180㎝・体重63kというスマートさんに大変身!(しかも体は高校生になって鍛えたおかげで細マッチョです)

ネットで調べまくりました。
なるほどと思った記事です。参考にしてくださいね。
”身長を伸ばすためには、骨が伸びなければなりません。
この骨が伸びることと密接に関係しているのが、
成長ホルモンといわれるものなんです。
成長ホルモンが脳からたくさん出れば、
それだけ身長が伸びやすいという訳ですね!
そして、私たちの身長が伸びるのは、
ほぼ寝ている時だ!という事実。
これにはちょっとビックリです( ゚Д゚)!
成長ホルモンは、寝ている時にたくさん分泌されるんですね。
特に、午後10時~午前2時はゴールデンタイム。”

TA9141985 / Pixabay

で、我が家で実践したことは?
①早寝(もともと小学校時代より9時就寝・中学から10時に変更)
②朝ごはんは必ず白飯(パンを食べるときは7(白飯):3(パン)の割合で、必ず白飯を朝ごはんで食べさせる。
③ウイダーインゼリー(ジュニアプロテイン)というのを毎晩牛乳に加えココアのように飲ませる。
④適度な運動をいつもさせる。(中学校では陸上部だったので、特に何もしてないんですが)特に運動で筋トレなどはほとんどさせず(筋肉が付きすぎると背が伸びないからということで)適当にやっていた感じです。(おかげで県大会に1回しか行けませんでしたが、、)

☆結果!!☆  身長180㎝・体重63k・股下84㎝
という素晴らしい体形を手に入れた息子でした!(祝・抜群のスタイル!)
睡眠時間を必ず確保して、身長の伸びる時間の少し前にプロテインで栄養補給をする。
翌朝食の白飯も日中に疲れず夜まで持つ体力でいるため。そして夜にぐっすり眠る。
このサイクルを中学生の間3年間やり続けたことがいい結果になりました!
久しぶりに会う方には一番に背が高いことを驚かれます。それが本人にも少し自信となっているようにも思います。世の中のお父さん・お母さんやはり男子は背が高い方が絶対いいに決まってるって思います‼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする