ものもらい

体からの信号

PublicDomainPictures / Pixabay

お正月休みが終わってやっとほっとしているところに子供たちの病気とケガのダブルの悲劇が到来しました。お正月休みって主婦にはとても疲れる期間でのんびりとかゆっくりとかには全く縁のないものです。それがやっと終わり自分の時間がとれてゆっくりできると思った矢先に、、娘の重い風邪と息子のひどいケガです。どちらも自分で病院に行くこともままならない感じで、また違う病院にいくからこれまた掛け持ちして送り迎えなど大変なことばかり。栄養を付けさせないといけない娘と安静にしないといけない息子に、ほとほと疲れた先週でした。やっと週末にどちらも症状が落ち着いてきたからよかったものの、そして2日後には娘の成人式です。一生に一度だから娘も元気にならないとっと思い今だ持って至れり尽くせりの状態が続いています。そんな時に何か違和感あるなとおもっていたらやはり出てきました。目のものもらいです。だいたい疲れ果ては時に最近は良く出る傾向があるのですが、ここにきて左目の目じりが気づいたらすごく痒くて腫れていました。知らないうちにかなり腫れていて子供も旦那様も私をみて「どした?、その目?」とびっくりした様子でした。もう体が悲鳴を上げているのが分かったので、家族に「私はとても疲れているので、ぜひ自分のできることはじぶんでどうぞ。これ以上私に話しかけるとあなたたちの身に危険を及ぼすかもしれないと、、、」自己申告して家事を放棄しました。翌日、薬局で購入した抗菌作用のある目薬でかなり目は改善しました。(よかった、、成人式に私も記念写真を娘と一緒に写るから最悪を覚悟していたのですが)最近の抗菌目薬は病院用と書かれているものがあって説得力があるなと感じました。しかも目薬は残すとだめだということで1本ずつ使い捨てになっていました。という訳で今日の朝は目薬と長い睡眠時間をいただいたので体がかなり復活し、また来週から頑張れそうです!

Pexels / Pixabay

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする