悲しいことに、でてしまった湿疹。

ストレスが湿疹に変身した。

Pexels / Pixabay

1種間ほど前から湿疹が手に出始めたと思ったら、顔にまで出てしまいました。どうしてかは分かっています。子どもたちが旅行に出て心配がつのっています。一人はドイツ、一人は東京。東京はまだしも、ドイツはどう転んでも心配で心配で、時差もあるし、どうしてるか、どこにいるのか?Wi-Fiもつながらいときもあるし、、あと10日間きっと湿疹が治らないかもです。でもどちらもとても楽しそうで思い出の写真を次々と送ってきます。息子は卒業旅行だからきっともうなかなか会えない友達8人との思い出を作っていると思うとちょっと切なくなりますが、、
もう一つ友人の病気です。昨日その友人と会い、なんだかすごく気持ちが下降してしまいました。友人も一生懸命なのでしょう。私たちに気を使わせまいと明るく振舞っているようでした。私ともう一人の友達は東洋医学派なので、今の西洋医学で施される決まった3施術はどうも好きになれません。その病気は生活習慣病であるからぜひとも体質改善を図ってほしいと説得してもやはり、一友人の言うことより大きな病院の先生の方が説得力があります。セカンドオピニオンの選択肢もあるというのだけ執拗に伝えて別れました。いつまでも手を振っている友人の姿が目に焼き付いて離れません。よくなればいいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする