断捨離

annca / Pixabay

春のいい気候になったら、冬物の洋服の整理をしないといけません。
めんどくさいと常々思っている私は、この作業が本当に苦手です。

子供の成長も本当に早くて、3年前に比べて身長が20㎝ほど伸びてしまったため、ほとんどの洋服を着ることができず、処分しないといけません。
少しずつはしていたつもりでしたが、なかなか捨てられずにいたのでした。
その子供は今年社会人です。
着ることができても、もう着ない。というよう洋服もあり、思い切って断捨離することに。

加えて自分も体形が変化しつつあることから、以前は着れていたのに、着れなくなってしまったお気に入りの洋服なども一緒に断捨離しようと決意しました。

さすがに10年以上住むと、”こんなものもまだあったのか?!”とびっくりするするものが出てくる、出てくる。
開かずの屋根裏部屋は見るのも恐ろしいくらいです。
先日は主人の(現在51歳)の中学時代の体操服が出てきたときはとてもびっくりしたものでした。赤い足元の絞った昔ながらの体操服です。その絞ったところにラインが入っていて、いかにも昔の体操服です。それを息子に着たら?と勧めていた時は開いた口がふさがりませんでした。(自分は絶対着ないくせにね。。)

懐かしいものもありますが、もっと断捨離したいと強く願い、今度のゴールデンウイークにはぜひ決行しようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする